Category Archives: 最新技術

Belkin社、パラゴンと提携しルーターにNTFSとHFS+ドライバーを埋め込み

データ保護および埋込み型クロスファイルアクセス・テクノロジーのリーダーである独Paragon Software Groupは本日、Belkin社とのパートナーシップを発表しました。これによって、ルーターから始まる同社の製品ラインナップにパラゴンのユニバーサルファイルシステムドライバー(UFSD)テクノロジーのライセンスが付与されることになります。OEM企業は、パラゴンソフトウェアのexFAT/NTFS/HFS+ドライバーテクノロジーをそれぞれのネットワーク機器やスマートデバイスに埋め込むことで、これらのデバイスが動作しているオペレーティングシステムに関わらず、シームレスな接続性が実現されます。 Belkin社の製品マネジメント担当上級ディレクターのマイク・チェン氏は以下のように述べています。「Belkinは、消費者市場に最新のソリューションを提供することに重点を置いています。「パラゴンのUFSDテクノロジーによって、OSの独立性が実現されます。このため、Androidスマートフォン、WindowsのPC、Macbook、iPad、LinuxノートPC、Chromebookなどに関係なく、誰でもBelkinのネットワーキング製品を使用して、どのデバイスからも自分のデータを保存したり、アクセスしたりできるようになります。しかも、パフォーマンス、ファイルシステムの統合性およびデータ保護性能は、最高に発揮されます。パラゴンの世界クラスのOEMソフトウェアエンジニアおよびサポートチームは引き続き、消費者ネットワーキングの分野におけるBeliknの優位性を支援してくれることでしょう」。 パラゴンソフトウェアの社長、トム・フェドロ氏は次のように述べています。「Belkinと提携を結び、同社の顧客がスマートデバイスのいずれからも、一連の次世代ルーターに接続されている保存済みのマルチメディアコンテンツにアクセスできるようになることを喜ばしく思います。自宅と仕事場の接続がより普及するにつれて、いつでも、どこでも自分のデータにシームレスにアクセスしたいというユーザーの希望も高まっています。今回のパートナーシップとプラットフォームに依存しないデータアクセスに対するパラゴンの取り組みが重要になってくるのはこのためです」。 パラゴンのクロスプラットフォームのファイルアクセステクノロジーによって、スマートテレビやモニター、スマートフォン、タブレット、セットトップボックス、マルチメディアプレーヤー、ルーター、NASおよびその他のハードウェアについて、そのプロセッサーやOSに関わらず、どのファイルシステムでフォーマットされていても保存されたメディアにアクセスすることができるようになります。この結果、消費者は自分のデバイス上でその後の再生・閲覧を目的として、ネットワークデバイスやエンターテイメントデバイスにマルチメディアコンテンツをストリーミングできるようになります。 パラゴンは、SDアソシエーションのメンバーです。.パラゴンのUFSDテクノロジーに関する詳細については、http://www.paragon-software.com/technologies/ufsd/index.htmlをご覧ください。

Posted in 最新技術 | Leave a comment

クロスプラットフォームの落とし穴-NTFS & HFS+ for Androidがストレージの相互運用性の問題に挑む

来るクリスマスに自分への、またどなたかへのプレゼントとしてガジェットを購入する予定の方もいらっしゃるでしょう。しかし、それらがどんなOS上でも、常にシームレスに動作するわけではないことはご存知でしょうか。多くのアプリケーションに共通する問題ですが、誰かが愛用するWindows PCのプログラムは自分のMacでは動かないし、自分がiOS上で好んで使っているアプリも誰かのAndroidは対応していなかったり。それに、携帯デバイスとラップトップも完全に相容れるものではありません。Androidのデバイスはモバイル市場でシェア68パーセント、さらにエレクトロニクス市場の他の領域にも拡がりつつあり人気は高まるばかりですが、それに伴いユーザーが、AndroidのデバイスとMac等PCとのデータ交換を簡単で確実にできる方法が必要となってきています。 しかしここで疑問に思うのは、コンピューターとモバイルのOSを、どうしたらうまく一緒に使うことができるのか、ということです。もしデバイスを交換したり、異なるOSが稼動している様々なデバイス上にあるデータ(例えばビデオ等)にアクセスしたい時、そのデータを破損せず、無事にアクセスすることができるのでしょうか?オープンソースのコミュニティーは、このストレージの運用相互性の問題について、10年以上も取り組んできました。そしてその問題を克服すべく、様々なドライバを作ってきました。有名なソリューション例はNTFS-3Gで、LinuxやMacOS、FreeBSDからNTFSへの読み書きアクセスを可能にするものです。また、多くのLinuxディストリビューションにもデフォルトでインストールされています。 AndroidはLinuxベースであるにも関わらず、NTFS-3GはAndroidのタブレットやスマートフォン、メディアプレイヤーでも簡単に稼動するというわけではありません。技術的に見て、それには二つ理由があります。ひとつはAndroidのセキュリティーシステムが、アプリケーションがストレージメディアに直接アクセスできないようにしていること。これはドライバにとっては必要不可欠な要件でもあります。なので、ユーザーがインストールできるファイルシステムドライバは、インストールをする前にデバイスをルートしなければならないのです。 二つ目の理由は、Androidのストレージ管理システムが、WindowsやMac OS X等のデスクトップOS上で稼動しているシステムほど拡張可能では無く、インストール可能なツールを使って外部ストレージを簡単にマウントすることができないことです。ストレージ管理サブシステムの改善は、グーグルのロードマップにはまだありません。ですので、ストレージメディアの自動マウント、またAndroidのユーザーが期待する使いやすさを可能にするためにも、オープンソースコミュニティーの努力が必要となってくるのです。 しかし、クロスプラットフォームのアプリケーションを提供すべく尽力しているベンダーの苦労も、デバイス間のストレージの運用相互性が無ければ無駄に終わる可能性もあります。もっとも利用されているメディアと言えばビデオですが、多くのAndroidのユーザーが、Macでフォーマットされたポータブルディスクから新しいAndroidベースのメディアプレイヤーでビデオファイルを再生させるのに苦労しているのです。 2012年7月、XMBCはAndroidタブレットPCやスマートフォン、セットトップボックス向けに無償且つオープンソースのクロスプラットフォームメディアプレイヤーのアプリケーションを発表しました。ローカルネットワークビデオやオーディオストリーミングを、デスクトップ上で再生しているかのようにアクセス可能にするものです。これは、メディアを頻繁に、様々なデバイスからストリーミングする人には便利なツールです。一方Paragon Software Groupでは、過去17年に渡りクロスプラットフォーム技術に取り組んできたテクノロジーリーダーとして、NTFS & HFS+ for Androidを開発することになりました。これは、無償で提供される技術で、ネイティブのシステムドライバが通常完全には対応していないAndroidデバイス上で、一般的なファイルシステムへのアクセスを可能にするものです。 拡大し続けるモバイルプラットフォームやOSの利用、またデバイスやタブレットプラットフォームの断片化がもたらす運用相互性の問題は、多数のデバイス間でデータ交換をする必要がある場合には苛立たしいものです。プラットフォームが多数に渡ったとしても一貫したユーザー体験を提供することは、ソフトウェアベンダーにとって技術への挑戦でもあります。なぜなら、プラットフォームは機能や処理能力、構造、または開発ツールにも違いがあるからです。幸いにも、この運用相互性という問題に熱心に取り組む開発者が、ここにはいるのです。 この記事についてご質問がある場合、pr@paragon-software.comよりパラゴンソフトウェアにご連絡下さい。または、パラゴンのサポートフォーラムやFacebookをご覧下さい。

Posted in 最新技術 | Comments Off

Paragon NTFS & HFS+ for Androidを選ぶ7つの理由

1. 市場最速のパフォーマンス オープンソースのNTFSソリューションに比べ、Paragon NTFS & HFS+ for Androidのパフォーマンスは最速。パラゴンのドライバは、カーネルレベルの実行オプション、一貫した開発姿勢や微調整を重ねることで、今までで最も速いスピードを実現しました。どんなファイルシステムにも読み書きアクセスが可能になるフルセットのドライバを最初に開発したソフトウェアディベロッパーとして、パラゴンが誇るクロスプラットフォーム技術で最高のパフォーマンスを提供します。個人ユーザーから組み込みシステムのメーカーまで、世界中で大変多く利用されていることで、この技術の確かさが証明されています。Intel、NVidia、Broadcom、Realtek、Huawei-HiSilicon, Marvell、Telechips、Acer等世界のベストセラーデバイスを提供する企業が、パラゴンのソリューションを製品に採用しています。 2. ユーザーから要望の多かった自動マウント機能を搭載 NTFS及びHFS+パーティションの自動マウント機能を搭載した、市場で唯一のクロスプラットフォームツール!この新しい自動マウントオプションは、”Settings”で簡単に有効化または無効化でき、ユーザーはSDカードやUSBフラッシュカードを挿入するだけ。すべてのNTFS及びHFS+パーティションが自動的にマウントされます。 3. 最速のマウント機能でコンテンツにすぐアクセス。もう待つ必要はありません! 外部のNTFSボリュームからのメディアのマウントが、たった数分で可能。パラゴンソフトウェアは、OSが他のタスクを実行中でも背後のファイルシステムを読み出す新しいFast Mount機能を提供。ソフトウェアはファイルシステムのインテグリティもチェックすることができ、マウントされたボリュームが完全な正しいものであるかどうかを確認することができます。 4. 高いジャーナリング能力 – 不注意からメディアを取り外してしまった場合でも、不完全なトランザクションを安全に完了 SDやUSBメモリを、「安全に取り外す」tray appをクリックせず、何もしないままデスクトップから取り外してしまったら・・・。ファイルシステムの動作が完了していない場合、データの損害が起こりかねません。パラゴンのソリューションは、他のアプリケーションがメディアの処理を始める前に不完全なトランザクションに反応する技術で、データの安全を保証します。 5. 賢いスタンドバイモード技術 新しいStandby Mode技術で外部のデバイスを簡単に取り出すことが可能になり、同時にデータの安全を保障します。 6. 追加機能でパフォーマンスを強化 – 以下の機能を追加しました。 ● チェックユーティリティーは損傷を受けたボリュームを迅速にチェックし、修復します。 ● フォーマットユーティリティーはNTFS/HFS+ファイルシステムのドライブを再フォーマットします。 7. 経験豊富なエンジニアが迅速にサポート サポートチームの経験豊富なエンジニアが、質問に迅速に答えます。リクエストをhttp://www.wilderssecurity.com/showthread.php?t=333019に投稿するか、またはfeedback@paragon-software.comにメールをお送り下さい。(対応言語は英語) Paragon NTFS & HFS+ for AndroidはGoogle Playより無料でダウンロードして頂けます。

Posted in 最新技術 | Comments Off

業界初パーティションマウント機能を備えたクロスプラットフォームソフトウェア『Paragon NTFS and HFS+ for Android』リリース!

Paragon Software Group (PSG) は「Paragon NTFS and HFS+ for Android」(言語: 英語)の新エディションをリリースしました! この確実且つ簡単操作のクロスプラットフォームソフトウェアは、Androidベースのスマートフォン、メディアプレイヤー、デジタルビデオなどの携帯端末と、Mac OS及びWindows PCとのメディアストレージデータの交換を可能にするものです。この最新エディションは、業界初となるNTFS とHFS+ パーティションのアマウント機能を備え、新しいメディアを接続した時、またAndroidベースのデバイスをブートする際に、パーティションを自動的にマウントします。このソフトウェアは、世界各地で多くのユーザーの支持を得ているクロスプラットフォームの最先端技術「Universal File System Driver(UFSD)技術」をベースにしています。パラゴンのUFSDはexFAT, NTFS, HFS+ドライバーの技術を包括し、SDXCカード及びWindows/Mac USBドライブに対応しています。 例えばMac OSのユーザーがHFS+方式でフォーマットされたポータブルHDDに映画をコピーする場合、今まではビルトインのHFS+ドライバー無しではAndroidベースのメディアプレイヤーに保存されたビデオファイルにアクセスすることができませんでした。また、Windows PCユーザーが、Androidベースのメディアセンターから受け取ったプログラムをNTFS方式でフォーマットされたUSBメモリに記録したい場合、ビルトインのNTFSドライバー無しではNTFSパーティションに直接書き込みすることはできません。「Paragon NTFS and HFS+ for Android」により代表的な殆どのファイルシステムへの制限無しのフルアクセスが可能になり、AndroidベースのスマートフォンやマルチメディアデバイスのユーザーはNTFSまたはHFS+ボリューム上で簡単にデータを移行、コピー、編集できるようになります。自動マウントのオプションは「Settings」内で簡単に有効・無効化することができ、SDカードやUSBメモリカードを挿入するだけですべてのNTFS及びHFS+パーティションが自動的にマウントされます。 【新機能と主な機能】 ⇒NEW! ブート時にマウント:すべてのNTFS及びHFS+パーティションがブート完了時に自動的にマウントされます。 ⇒NEW! 接続時にマウント:NTFS及びHFS+パーティションが、メディア接続時に自動的にマウントされます。 ⇒読み書きフルアクセス:既存ファイルの読み込み、編集または削除が、新規ファイルの作成やコピーと同時に行えます。 ⇒特別なアプリにより、NTFSまたはHFS+パーティションをまるでネイティブのように簡単にマウントすることができます。 ⇒アルファベット以外の文字を利用可:ファイル名やフォルダ名に中国語、韓国語、日本語、ロシア語などアルファベット以外の文字を利用することができます。 ⇒データ移行中でもシステムのパフォーマンスは継続します。 ⇒ファイルサイズやパーティションのサイズに上限はありません。 このソフトウェアについての詳細は、弊社ウェブサイトhttp://www.paragon-software.com/home/ntfs-hfs-android/index.htmlにてご覧下さい。 【入手方法】 このソフトウェアはGoogle Playよりダウンロードしていただく事ができます。

Posted in 最新技術 | Comments Off

新コンポーネントリリース!Paragon Migrate to UEFI

パラゴンソフトウェアグループ本社(ドイツ)が運営する『アーリーアダプタープログラム』にて、新しいコンポーネント、「Paragon Migrate to UEFI」がリリースされました。 MBR/BIOSコンフィグレーションからGPT/UEFIプラットフォームへ64-bit Windows VistaやWindows 7の環境を移行する場合、パ ーティショニングスキームを変更しUEFIを有効にするには、OSを再インストールする必要があります。WindowsのDisk Managementは、ドライブが空の場合のみGPTへの変更に対応しており、システムドライブをGPTに移行する際のデータの損失は避けられません。Windows ManagementのツールでブートファイルをUEFIに適応させることができないだけで無く、データやシステムコンポーネントを単一コンピュータ内でBISOブートモードからUEFIベースモードへコピーすることも不可能です。 「Paragon Migrate to UEFI」はUEFIへのマイグレーションの際に起こりうるあらゆる問題をカバー。オペレーションを簡易化し、データの簡単・確実な移行をサポートします。わずか4ステップのコピー・ハード・ディスク・ウィザード(Copy Hard Disk Wizard)で、M BRディスクにBIOSモードでインストールされていた64bit Windows Vista/Windows 7を、GPTディスク+UEFIモードへ簡単に移行。プ ライマリシステムドライブとしての2Tib以上の大容量データドライブ対応を初め、GPT+UEFIコンフィグレーションの持つあらゆる利点を利用することができます。 「Paragon Migrate to UEFI」について、詳しくはこちらをご覧下さい。

Posted in 最新技術 | Comments Off

次世代マルチメディア機器を、パラゴンの技術がパワーアップします。

<パラゴンソフトウェアグループ本社(ドイツ)のプレスリリースより> パラゴンソフトウェアグループは、コンシューマー向けマルチメディア機器メーカーへ、独自のUFSD技術(Universal File System Driver)のOEM提供を開始します。パラゴンのUFSDは、近年のデジタル機器に内臓される一般的なファイルシステムのすべてに対応。この技術によりメディアセンターやデジタルTV、セットトップボックスのファイルシステムと、それらと互換性の無いポータブルHDDのようなフォーマットストレージメディアとの互換性が確立され、録画したビデオやオーディオを、ファイルシステムに関係無く再生することができます。 HDオーディオやビデオを確実に録画・再生するため、パラゴンのUFSD技術は、クロスプラットフォームでの高性能な読み書きアクセスやデジタルマルチメディア機器での迅速なファイル移行を提供。ThreadXデバイスを含むOSのVFS (仮想ファイルシステム) スタックに統合することができ、エンドユーザーにNTFS、HFS+ や exFATフォーマットの外部メディアに保存されたファイルへアクセスを可能にします。 パラゴンのUFSD技術は業界トップのSoCプロバイダーにより選ばれ、ThreadXベースのマルチメディア機器と、一般的なファイルシステムに対応しているがThreadXは対応していないポータルストレージデバイスとの非互換性に対処、アメリカのデジタルTV市場で活躍しています。 パラゴンソフトウェアグループは、既存のすべてのOSに対応するクロスプラットフォーム技術に注力し、今や、互換性の無いファイルシステム間の読み書きフルアクセスを可能にした最初のソフトウェアディベロッパーとして認識されています。パラゴンソフトウェアグループのCEO、Konstantin Komarovは「ファイルシステムの非互換性はあらゆるコンシューマー向け製品にとって問題になり得るもので、製品開発の遅れや、それどころか中断を余儀なくされることも有り得ます。我々はチップメーカーに、洗練された、コストパフォーマンスの高いソリューションを提供し、HDビデオのような大容量のデータファイルへの高性能アクセスというユーザーの要望に応えています。」とコメントしています。 【主な特長】 – 読み書きフルアクセス:新しいファイルの作成やコピー、既存のファイルの読み出し、修正、削除が可能です。 – 簡単操作:NTFS, HFS+ やexFAT のパーティションを、ネイティブのようにマウントすることができます。アクセスを確保するために特別なコマンドを実行する必要はありません。 – ローマ字以外の文字や言語に対応:中国語、韓国語、日本語、ロシア語を含むローカルの言語でファイル名やフォルダー名を設定することができます。 – 低システム要件:データコピー中もCPU使用率が低く、小さいメモリーフットプリントで対応可能です。 – ファイルやパーティションのサイズに限定はありません。 パラゴンのUFSD技術についての詳細はこちら(英語)からご覧下さい。

Posted in 最新技術 | Comments Off

Acerとパラゴンのコラボレーション!タブレットPCとWindowsデバイス間の互換性を提供

<パラゴンソフトウェアグループ(アメリカ)のプレスリリースより> AcerのAndroid™ Honeycomb対応ICONIA TAB A500 と ICONIA TAB A501に、パラゴンのUFSD技術*が採用されました。これにより、Windows向けにフォーマットされたストレージデバイスとAndroid OSを搭載したタブレットの間で、音楽やビデオ、その他のデータファイルへのフルアクセスが可能になります。 パラゴンのUFSD技術はシステムとデバイスに対し、通常非対応のファイルシステムへのフルアクセスを可能にします。ハードドライブの多くはNTFSフォーマットされており、Andoroid OS採用のタブレットにパラゴンのUFSD技術を用いた「NTFS for Android」ドライバーを採用することで、タブレットの能力を拡張しすることができます。 パラゴンソフトウェアグループアメリカのプレジデント、Tom Fedroは「Acerをストラテジックパートナーとして迎えて、革新的なICONIA TABタブレットにパラゴン独自の技術を提供することができ、とてもわくわくしています。このコラボレーションでAndroidベースのデバイスの能力をさらに強化することができます。特にマルチメディアアプリケーションに関しては、期待を裏切らない、素晴らしい体験を、このタブレットのユーザーに提供します」とコメントしています。 *UFSD技術:UFSD=Universal File System Driver。Paragon Software社が独自に開発したフィルタドライバー。OS標準でサポートされないファイルシステムに対してのアクセスを可能にします。

Posted in 最新技術 | Comments Off

4KBセクタディスクへの移行時に起こりうるミスアラインメントを回避するために

512バイトセクタのディスクから4KBセクタのディスクへのアップグレード時に発生しうるミスアラインメントとその影響について、InformationWeekに記事が掲載されていますのでご紹介します。 Coughlin Associatesの代表でストレージ業界のコンサルタント、Thomas Coughlinがウェブキャストにて、この問題について語っています。 4KBスタンダードへ移行することにより、ディスクドライブの容量は約9%増加。「このアップグレードはすべきです」とThomas Coughlinは言います。しかし、この移行に伴って発生しうるミスアラインメントについて認識し、問題を回避するためのケアをしないと、結果としてドライブのパフォーマンスが20%から30%、場合によっては50%も低下する可能性があります。また、ミスアラインメントがドライブの損傷の原因になったり、製品の寿命を縮めることもあると、Thomas Coughlinは警鐘を鳴らします。 このようなミスアラインメントを修正するパラゴンの技術は、DellやHP、東芝といった大手ストレージメーカーの製品に採用されています。 パラゴンのMigration Suite for Serversは、アラインメントが正しくなされていないパーティションを自動的に検出して修正します。これによりディスクサブシステムのパフォーマンスが向上。ドライブのライフサイクルをより長くすることが可能になります。 この記事はここから読むことができます(英語)。

Posted in 最新技術 | Leave a comment

東芝製AFディスクドライブがParagon Alignment Tool (PAT)を採用

<パラゴンソフトウェアグループのプレスリリースより> 東芝製AF(アドバンスト・フォーマット)ディスクドライブに弊社製のアラインメントツール、Paragon Alignment Tool (PAT)が搭載されました。 「パラゴンソフトウェアとタッグを組むことで、我々の顧客も、使用しているOSやアプリケーションに関わらずアドバンスト・フォーマットドライブのメリットを最大限に利用することができるようになりました。」(Joel Hagberg, vice president of Marketing, Storage Device Division for Toshiba America Information Systems, Inc.) 以下、プレスリリースの要約です。 ——————————————————————— 「4KBセクターのドライブを導入する際、使用中のWindows OSがVista以前の場合、ミスアラインメントが発生しパフォーマンスが低下することがあります。またある環境下では、より最近のWindowsやLinuxであってもミスアラインメントに悩まされる可能性があります。」(Tom Coughlin, founder of Coughlin Associates and author of Aligning with the Future of Storage) 「企業の場合、物理システムやストレージアレイだけでなく仮想環境のパフォーマンスにも影響しうるミスアラインメント問題には敏感です。書き込みの速度が遅い、ディスクの動作効率が悪い、または全体的に動作が悪い。これらが症状です。ミスアラインメントに端を発するシステムの損傷を経験し、弊社に問い合わせをする企業が増えています。残念ながらこれら問題の認知度は未だ低く、ITのプロでも知らず知らずのうちに問題に巻き込まれていることもあります。」(Tom Fedro, president of Paragon Software Group) 「AF技術を導入することで、容量の増大やデータ統合を強化することが可能になります。AFドライブが普及すると、旧バージョンのOSや4KBセクターに対応していないアプリケーションを利用しているユーザーは、4KBセクタードライブの利点を最大限に利用できるようシステムを最適化しなければなりませんが、これはアラインメントツールを利用することで解決できます。 パラゴンソフトウェアとタッグを組むことで、我々の顧客も、使用しているOSやアプリケーションに関わらずアドバンスト・フォーマットドライブのメリットを最大限に利用することができるようになりました。」(Joel Hagberg, vice president of Marketing, Storage Device Division […]

Posted in 最新技術 | Comments Off

Paragon Technologie GmbHです。

Paragon Technologie GmbH(ドイツ)です。このブログでは、パラゴンソフトウェアグループの最新技術に関する情報をお伝えします。

Posted in 最新技術 | Comments Off