パラゴン・キャンプチューン X 10.2、待望のウィンドウズ 8 ブート・キャンプの、完全サポートを実現

皆さんは、再パーティショニングを実施するために、マックを再起動する必要がなくなりました。キャンプチューン X 10.2 は、迅速かつ簡単に、データの損失なしで、ハードディスク利用スペースを、マックあるいはウィンドウズの両オペレーション・システムで共有するために、直接、皆さんのマックの中で稼動。

パラゴン・ソフトウェアは、今までで最も革新的なマック・ユーザー体験を確実とする、「キャンプチューン X 10.2」の、新規アップデートのリリースを、発表。キャンプチューン X 10.2 は、利用できるパーティション・スペースを、「マック・ブート・キャンプ™」のユーザーがかいた際に、彼らが遭遇する、メンテナンスの問題を、解決できます。キャンプチューン X により、マック・ユーザーは、利用できるスペースを、マッキントッシュとウィンドウズのパーティションの間で、データの損失無しで、迅速に再分配し、マック・ウィンドウズの両オペレーション・システムのパーティションへと、簡単かつ敏速に、利用できるハードディスクのメガバイトを追加できます。

時が経つと、マックOS X もしくはウィンドウズのボリュームのどちらかのデータ量が、増大するため、デュアル・ブートのユーザーの多くが、パーティションのリサイジングの問題に直面することがあります。パラゴン・キャンプチューン X は、片ハードディスク・ボリューム・スペースの導入を通じて、他のハードディスク・ボリュームに、一層のスペースを確保するという形で、デュアル・ブートのマックOS X/ウィンドウズの各システムの中での両ボリューム・サイズを調整する、次世代のユーティリティーです。使用の簡単なキャンプチューン X は、特別な環境へと起動することなしに、いくつかの簡単なクリックで、ボリューム・サイズを調整することのできる、ネイティブなユーティリティーです。

慣例的に、フリー・スペース・リロケーションの問題を解決するには、マック・ユーザーは、「ブート・キャンプ」パーティションをバック・アップし、パーティションを除去し、新規サイズでNTFSパーティションを再創出し、そして、ようやく、ウィンドウズ・パーティション・バックアップを、この新規NTFSパーティションの中へと、レストアなければなりませんでした。その全体のプロセスは、2時間から5時間、掛かったものでした。今後は、キャンプチューン X によって、同じ結果を、数分の間で、得ることができます。

パラゴン・キャンプチューン X は、非常に簡単かつ直感的なインターフェイスを、持っています:

1. キャンプチューン X を稼動する

2. パーティション・バウンドリーを調節することで、希望のボリューム・サイズをセットする

3. オペレーションを実施する

キャンプチューン X 利点:

  • マニュアル・オペレーションを、いくつも実施する必要がありません。
  • マックを再起動する必要がないため、皆さんは、リサイズ・オペレーションが実施されている間、通常の皆さんの作業を続けることができます。
  • サード・パーティーのソフトウェア、あるいはインストレーション・メディアを、用意する必要はありません。
  • キャンプチューン X により、リサイズ・オペレーションの全体が、2倍、いっそう速くなります。

どうぞ、当製品について、以下のウェブサイトにて、より多くを、習得して下さい: http://www.paragon-software.com/jp/home/camptune/index.html

This entry was posted in パラゴン情報. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>